お問合せ rinmtb@sea.plala.or.jp  04-7124-6491

BIKEの種類を、簡単に分けてみました

ロードレーサーには、簡単には3つの種類があります

ロードレーサー(いわゆるレース用の通常フレーム)

昔から、ツール・ド・フランスなどの、レースに使用されている、BIKEです すべてのロードは、これがベースとなります

軽くて、きびきび走ります、オールマイティーで、ヒルクライムや、ロードレースに使うなら、これがベスト、頑張ってレースに出るなら、少し小さめのフレームを選びますが、一般的にサイクリングベースなら、大きめを選ぶ方が、疲労度が少なく、長時間快適です

SPECIALIZEDならTarmac MERIDAならSCULTURA です

エンデュランスロード(ロングライドを快適にするならこれ)

SPECIALIZEDが、パリルーベのレース用に作ったのが始まりです

ハンドル位置が少し高くなり、乗車時の前かかみになる姿勢が、軽くなります

腰への負担や、上半身の疲れを気にするなら、このBIKE、

最近ではロングライド用として、ブレーキの負担が軽くなるので、ディスクブレーキのものが増えたり、軽くサスペンション機能がついて、段差などの衝撃が楽になったりと、初心者に優しくなっています

ゆっくり走っても、下り坂でスピードが出ているときも、直進安定性が高く、怖さが少ないと思います

SPECIALIZEDならRoubaix MERIDAならRIDE です

エアロロード(TTや、トライアスロン用のベースとしても)

各メーカーが風洞室を使って、進化が激しいエアロロード

近年までのエアロロードは、どちらかというと平地向き、多少のアップダウンが連続する場所では、スピード感を感じる走りができます

数年前までは、上りには少し不利というイメージだったのですが、MERIDA REACTOの登場から、上りの多いステージでも使われるようになり、各社登れるエアロバイクとして、作り上げてきています

レースをやっている方ならもちろん、かっこいいな~と思う方もぜひ 通常のロードとも乗り味が異なるので、2台持っていても楽しいです

SPECIALIZEDならVENGE MERIDA ならREACTO です

まだまだつづきます

クロスバイク (最初のBIKE、気楽にサイクリングする1台にピッタリ)

通勤用に、街中のポタリングなどなど、緩く走りたいって方が、最初に選びやすいのが、クロスバイクです

​価格も5万円ほどからと、購入するにもお手軽です

ロードよりも、身体が多少起きている状態で乗るので、街中での信号待ちや、段差などへの乗り上げも比較的に容易です

​タイヤの太さも、安定感があり、初心者でもすぐに乗りなれます