フィッティングのご予約こちらよりお願いいたします

 ☝クリックでメーカーサイトへ

快適に走るための、カスタムの一つとして、フィッティングがあります
 
BodyGeometryFit
レースを目指す方ばかりでなく、誰にでも体感できるもの、必要なものです
 
自分とBIKEの3つの接点、(ペダル、サドル、ハンドルバー)
         を、最良の位置に合わせるのが、フィッティングです

ペダルとクリートの位置 
サドルのサイズと座り方、高さと前後位置
最後に体の柔軟性を考慮しての、ハンドルバーの位置
               この順番で合わせていきます


 

まずはフィット前のインタビュー
ライダーの乗り方、体に感じる不具合(肩の凝り、腰や、膝の痛み等)
乗っている年数や、距離など、そしてターゲットは、レースなのか?ロングライドなのか?、
もちろん、街乗り&ポタリングも、BIKEでのライフスタイルを教えてもらいます
 
次に体の状態を確認させていただくために、アセスメント
坐骨結節という、骨盤のサドルにあたる部分の幅を測定、この幅がしっかりあっていることが、体をしっかりと支えて、安定したペダリングへとつながります、左右のペダリングの差の違いも、ここをまず正すことで、なおしておくきっかけとなります
 
 

 

立ち姿勢からの、脚の状態、腕や首の可動範囲各部の柔軟性などもしっかりと見せていただきます
ライダーが、その本人が持つ可動範囲を超えることで、長時間同じ姿勢を続ける、ライディング時に負担がかかります
上半身から疲労して、ペダリングのパワーが落ちることも多いからです
快適な乗車姿勢が作れれば、疲労度も少なく、長時間パワーが落ちないということにも、つながります
 
最後にインソールを、ライダーの足のアーチに合わせて、クリートの位置も確認したら、いよいよRETULのMUVEに乗車して、フィッティング開始です

 

MOVEをまず、現在乗っているポジションに合わせることからスタート、ただしサドルは骨盤に合わせて、交換していることが多いのと、シューズにインソールが入り、クリートを基本位置へと変えている場合が多いので、ちょっとイメージは違うかもしれません
 
乗ったままで、サドル高や前後を、少しづつ変えていけます
ペダリングを見ながら、時々足を止めていただき、膝の角度や、位置を見せていただきます
 
サドルの真ん中に座れて、骨盤の角度もきれいになり、膝の位置が出ると、ライダー自身もわかるくらいに、ペダリングが軽くなります
キレイに回り始めることが、動画で確認できます

 

自分のライディングを真横から見ることはできないので、この動画は新鮮ですw
 
膝の構造や、身体の硬さ、骨盤からの構造により、まっすぐに膝が上下する為の、クリート位置、角度はそれぞれです
クリートの左右の位置を何度か試して、いわゆるエンジンまわりは完了
 
このサドル位置から、柔軟性に合わせて、ステム長や、ハンドル幅、リーチやドロップ長を出しますが、このあたりも、MUVEで乗りながら、簡単に上下前後させ、感じることができます
 
この完成したMUVE上のポジションを、ジンツールを使って、そのデータを、3Dモーションキャプチャーでパソコンに取り込みます
このデータは、PDFファイルとして、お客様にお渡ししています
 
お客様の乗っているBIKEに、実際のデータを、できる限り正確に写して、終了です
 
簡単に書きましたが、3時間ほどは最低かかります
そして、アセスメント中に、MUVEでのライディング中に、そしてその後のお話の中で
身体の自転車に必要なストレッチや、きれいに楽にペダリング無駄の少ないダンシング、そして走るためには大切な、身体を動かすための燃料である補給など、
自分が知っている限りのことですが、おぼえて帰っていただくことができます
フィッティングとともに、走りのグレードアップの、ヒントくらいにはなれば!と思っています

 

料金 すべて税別価格になります
基本のBodyGeometryFit with RETUL  30000円(税別)
フィッティングにかかる時間は 約3時間(ROADBIKE) です
「DHバー」などでのフィッティングは、また別料金と、それに伴って時間もかかります
 
購入前のBIKEのサイジング
RETULを使って、メーカーごとのサイズを出します 3000円 
輪工房での購入の時は、お値引で返金致します
 
サドル合わせ(位置合わせもいたします) 輪工房で購入したものは、無料です 持ち込みは5000円
インソール 簡単なアセスメントで、最良を導き出します インソール代金のみ

 

輪工房は、たくさんの人に、快適なサイクリングライフを、応援したいと考えています